初めてのタイ旅行!観光する上でここだけは押さえておきたいポイント!

タイ

初めての海外旅行でおすすめな国「タイ」。

食事も日本人にとって食べやすく、仏教徒が多く穏やかで、海外に慣れていない旅行者でも気軽に観光しやすい場所です。

とは言っても初めての海外旅行は緊張するもの。過度の心配は折角の旅行も楽しめません。

今回はここだけは押さえておきたい注意点を中心にご紹介します。

これを抑えて初めてのタイ旅行でも思う存分楽しみましょう!

何を持っていく?これだけは最低限持って行く物!

海外旅行に慣れていないと何を持って行ったら良いか不安になると思います。

でもこれだけは覚えておいて欲しいことは、基本、どんなことがあっても現金とパスポートさえあればなんとかなります。

あれがない、これがないと心配するよりも「まぁ無くてもなんとかなるか~」という心持ちがあると気楽になり、旅行が3倍楽しめます。

そして意外と色々な物が無くても大丈夫です。

また不便だからこその気づきや楽しみもあるので、あえて沢山の物を持たずに行くのもおすすめです。
最低限持っていくものは、現金、パスポート、なんとかなるさという心持ちですが、もしも何かあった時、現金とパスポートをなくした時に持っておいた方がいいものがあります。

それを次の章でご紹介します。

盗難経験者が教える!これだけはあって良かった物!

実は著者は海外で盗難にあったことがあります。

その際、財布、iPhone、家の鍵、滞在許可証、免許証、クレジットカード等の本当に大事なものが入っていたバックを盗まれました。

著者は現在海外在住でもう3年同国に滞在していますが、それでもやはり焦りました。

海外旅行に慣れていない方なら尚更、盗難にあった際や貴重品を紛失した際の不安は大きいと思います。

そのような時にこれだけはあって良かったと思うものは以下の2つです。

  1. パスポートのコピー
  2. 日本大使館/領事館の連絡先を書いた紙

現金またはクレジットカードが盗られた、帰りの航空券もない、パスポートも盗られた等の最悪事態では日本大使館に行けば助けてくれます。

なので、日本大使館への行き方、または電話番号を記載した紙をどこかに入れておくことをおすすめします。

いつも持ち歩くバックまたは財布以外の場所に保管するのがいいでしょう。

また、一緒にパスポートのコピーも入れておきましょう。

再発行の際にもスムーズにいきますし、これだけはあるから大丈夫と自分を落ち着かせるにも役に立ちます。

盗難被害者からのアドバイス:スマホに頼りすぎるな!

盗難被害にあった時、一番困ったのはスマホがないことでした。

  • 「助けを呼びたくても誰にも連絡できない」
  • 「その場所からホテルに戻るのも検索できない…」

この自分の経験から、スマホのメモに書いておくよりも紙媒体で大使館の連絡先や緊急連絡先を保管、またはホテルでインターネットにアクセスできたときに見れるようにクラウド上に情報を記載しておくのがおすすめです。

あとは、なんとなくでもいいのでホテルの位置を把握しておく事。

スマホの盗難に遭わなくても急に壊れる時もあります。

著者はいつもGoogle mapを大活用しているのですが、先日初めての土地で急にスマホの電源がつかなくなり、かなり焦りました。

出発前になんとなく場所の確認をしていたため、なんとか目的地には辿り着けました。

大きなホテルであれば名前を言えばわかるので大丈夫だと思いますが、小さなホテルの場合はなんとなくでもいいので場所を頭にいれておくといいです。

スマホ、タブレット、PCのバックアップを忘れずに!

万が一の事態が発生しても、バックアップをとっておけば写真やデータは復活させることができます。

アップル製品ならどこにあるか追跡できるので、必ず登録しておくこと。

家族同士であれば、Familyで紐ずけ出来ます。

旅行前に事前にセットアップしておけば、失くした時にどこにあるかを表示することができるので、忘れずに。

治安情報を手に入れよう

外務省の旅レジに登録することをおすすめします。

旅行する前にどこの国に行くかとメールアドレスを登録しておけば、該当国ではどんな手口の犯罪が流行っているか、この時期にはイベントがあり犯罪が増えるので気をつけた方がいい等の治安情報を送ってくれます。

露出は控えめに!または上着かショールを持ち歩こう

タイに限ったことではありませんが、宗教施設(寺院や教会、モスク等)では肌(肩や膝等)の露出が多いと立ち入りを止められる場所が多くあります。

入り口に貸し出しのショールが置いてある場合もありますが、誰が使ったかわからないものを使うのが嫌な人は自分の上着、またはショールを持っていくべきです。

室内や移動機関(電車やバス)では冷房が強く、寒く感じる場所も多いので、薄手の上着かショールを一つ持っているととても便利です。

外出先で日差しが強い時もUV加工の入った上着であれば、日焼け対策も兼ねることができます。

ショールなら頭からかけて使用することも出来るので、帽子の代わりにもなり、便利です。

旅行中、薄手の上着かショールを一つ持ち歩くことをおすすめします。

女性は僧侶に触らないように気をつけて!

これは意外かもしれませんが、女性は僧侶自身、お袈裟に触らないように気をつけましょう。

タイでは国民が僧侶に対してとても敬意を払っています。

僧侶に女性が触ると今までの修行が台無しになってしまう、一からやり直しと考えられているので、触れないように注意しましょう。

心配しすぎずにタイ観光を楽しんで

最低限の持ち物と非常事態に便利な物、旅行前にしておいた方が良い事、持っていくと便利な物と気をつけるべき事柄を紹介しました。

これを読んだあなたは非常事態にどう対応したらいいかわかっているので、安心してタイ観光を楽しんできてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました